否否三杯は貸切でのご予約も承っております。

ちゃんと美味しいものを日常に楽しめる
大人の居酒屋。

炊きたて“ご飯”のこと

京都 米料亭 八代目儀兵衛 のお米を羽釜の炊きたてで、どうぞ。

お米は京都 八代目儀兵衛から時期ごとに味の個性やバランスをみながら
3種の米をブレンドしてもらい、羽釜で炊き上げます。

料理監修

中東 篤志ATSUSHI NAKAHIGASHI

京都市出身。代々料亭を営んでいる家系に生まれる。 12歳の頃から、父である京都の名店「草喰なかひがし」の主人・中東久雄氏のもとで料理を学び始める。 高校卒業後、バス・フィッシングのプロを目指すため、アメリカへ移住。しかし23歳になる頃、料理人の家庭で育ったという自分自身のバックグラウンドを意識し始め、料理の道への復帰を決意する。 6年間に渡り、ニューヨークにある精進料理店『嘉日(Kajitsu)』の副料理長兼GMを務める。嘉日にてカウンター越しのお客様へ日本食の意味を説明する喜びと楽しさを見出し、日本で育まれる飲食文化の海外発信に専念するためにカリナリーディレクター(Culinary Director)としてOne Rice One Soup Inc.を設立。現在はニューヨークと京都を拠点に日本食のポップアップイベントの企画や飲食店のプロデュース、食からの地域創生事業などを手がけている。

昼は、羽釜で炊く炊きたてご飯と具だくさんのお汁を添えた、
まっとうな日本のお昼ご飯。
夜は、“否否(いやいや)〜”といいながら
三杯、四杯とご飯やお酒が進んでしまう 酒の肴や上質なご飯のおかず。どうぞお愉しみください。

昼と夜のお品書き について